カテゴリ:玄米炊飯について( 11 )

2012年8月27日の玄米炊飯 京都帰り

d0165271_16511561.jpg


2012年8月27日午前中の玄米炊飯です。

25日に、京都のむそう塾上級幸せコース4回目に行きました。
お料理はパスタ。
上級で習うお料理は、「前に習ったことの積み重ね」の上に展開されています。
それは、直接は先月のことだったり、
幸せコースのときのお料理だったりするけれど、
行き着くところは、やっぱり、玄米炊飯だと思います。

スピードとタイミングが命(川津幸子さんはパスタ料理のことを「パスタ・エスプレッソ」と言っていました)のパスタの料理の息づかいは、玄米炊飯の時と同じだ、と感じたところがありました。
[PR]
by shirousahs | 2012-08-27 16:55 | 玄米炊飯について

2011年8月24日の玄米炊飯 身体の芯

2011年8月24日朝の玄米炊飯です。

d0165271_2151126.jpg


残暑が戻ってきましたが、
空が高く、季節は秋に向かっているのだ、と思います。
今年の茄子の糠漬けはおしまいにしました。

2週間、集中して体幹部の筋力をつけるように運動してきたら、
コアの感覚が変わりました。
シェネ(鎖、という意味の、バレエの回転)が苦手なんですが、

要は、身体の芯がしっかり支えられてなかった、

ということだと、よく分かりました。
バランスを取る、というのは、食べ物もそうなんだけれど、
立体的に見ていくものなんだと思う。

それにしても筋力付けよう、としたときの身体の反応が、
以前とは(いい意味で)違います。
腸の状態が、こういうところにも出ているんじゃないかと思います。
[PR]
by shirousahs | 2011-08-24 21:56 | 玄米炊飯について

3.0がきた

シラルガンTプラス3.0が来ました。
色はレモングリーン。

水実験して、蓋の動きはOK。

1段上の、夏炊きごはんをめざしていきます。
[PR]
by shirousahs | 2011-05-09 22:47 | 玄米炊飯について

夫からの要望

昨日の夜、夫が、

「お弁当のご飯がちょっとやわらかかったな」

というので、

「今食べているご飯と同じなんだけれど」

と答えると、

最近、ご飯ちょっとやわらかいさん(そういう言い方をします)と思っていたそうです。

このお米に決めて、先月の幸せコースと、東京拡大放課後で見てもらった通りの水加減で
炊き続けてきましたが、
すこーし、減らしてみようかな。

「ご飯が柔らかい(もう少し固めに)」と、夫の方から言われたのは初めてです。
[PR]
by shirousahs | 2011-02-10 08:17 | 玄米炊飯について

2010年12月26日の玄米炊飯 もっちり

2010年12月26日朝の玄米炊飯です。

d0165271_20303535.jpg


米1200、水1400、浸水時間1時間。
カセットコンロでなくてもいいかも、といいつつ、
カセットコンロでの、ぴったりの火加減も見つけたいと、もう一度挑戦する。
焦げが少し強かったけれど、蒸気が逃げすぎた感じはなかった。
沸騰させるまでの火加減、
オーバーフローするまでの火加減、
弱火にしてからの火加減。
より優しく、をイメージしよう。

けど、しっかりもっちりしたご飯になって、今日の寒さのなかでは、
その点はちょうどよかったです。
[PR]
by shirousahs | 2010-12-26 20:30 | 玄米炊飯について

数字の向こう側

中川式玄米炊飯を教室で習ったのは2008年の11月。
パスポートをいただいたのは2009年の1月。
そのころは、実は、あまり厳密に蒸らし時間のことなどを考えていなかった。

2009年の夏になって、一時、フィスラーのミニロイヤルで炊いていて、
24分間たたないうちに圧力が落ちてしまうことが続き、
そのときに、

24分炊き、
24分蒸らす、

といっても、人によって、どのタイミングで24分間を計り始めるかが違うはず。
例えば、
すべて包み終わってからスイッチを押す
火からおろして加熱をやめたところからが蒸らしと考えてそこでスイッチを押す

これでも多くて10秒くらいは違うだろう。

そこで24分間を持たせるようにする、
というのはいったい・・・・

などと考えた。

一年後の今、

工程と工程の間の時間、
どこでスイッチを押すかの呼吸

すべてを含めて、
「中川式玄米炊飯で消化吸収の良いご飯が炊けるようになる」
ということなのだと思う。
[PR]
by shirousahs | 2010-08-03 08:21 | 玄米炊飯について

マクロ美風さんの記事「中川式玄米ご飯を炊く前の基本的なこと」

マクロ美風さんが、
「中川式玄米ご飯を炊く前の基本的なこと」という記事をアップされました。

私がパスポートをいただいてから、

やばい!

となったことは、大きくは、2回ありました。

1回目は、昨年のちょうど今ごろ、夏炊きにしようすると圧が規定時間まで持たなくなったときです。
お鍋はフィスラーのミニロイヤルでした。
当時の写真を見ると、ご飯の粒が完全にアルファ化しきっていませんでした。

2回目は、昨年9月にシラルガンT-PLUS2.5リットルに変えたときです。
最初のころ、かなり水を多くして強めの火で炊かないと、薄こげができませんでした。
ただ、このときはしばらく後にお弁当講座でT-PLUSのデモを見られることが分かっていたので、
あまりうまく行かなくてもあせりはなかったのですが、
やはり、1回デモを見たらご飯の炊き上がりが激変して、
実際に見る、聞くことが重要なのだなあと思いました。
いや、今の体調のよさを考えると、きちんと炊けていないご飯を食べていた日々がある、というのはコワイです。はい、コワイもの知らずでした・・・

中川式玄米を知る前のことですが(というか、玄米を食べはじめたころのことですが)、
とてもこだわって大切にお米を作っている生産者さんなのですが、
メールに書かれている政治的な内容が非常にアグレッシブで、
(内容のよしあしではなく)私とはあまりあわないかも、
と思ったことがあります。

今お付き合いしている生産者さんは、メールでのやり取りでもなんだか和むところがあります。

お米の品種は、
マクロビオティックを始める前の私は、ご飯が好きではなかったので、
あまりお米の品種ごとの違いを意識することもなく、
かなり無頓着でした。
白米を炊いていたころは、くろうさが自分で炊くのに便利だから、という理由で、
無洗米を買っていたこともあります。
最初に玄米を食べ始めたころは、オイシックスのひとめぼれだったのではないかな。

最近流行っている低アミロース米を買っていたこともあります。
やがて、コシヒカリや低アミロース米の甘い味が重たく感じるようになり、
ササニシキ、今食べているさわのはなに移っていきました。
品種とは違いますが、1年くらい、不耕起米を食べていたこともありました。不耕起米は皮が硬くなりやすいそうなのですが、当時はそんなことも意識していなくて、炊き上がりはどうだったんだろう?たぶん、消化吸収しにくいご飯になっていたのでは、と思います。
ちなみに、今炊いているさわのはなも、玄米で、中川式で炊くにはちょっと難しい品種のようです。ただ、生産地を変えてから以前の山形産のものよりはふっくらもっちりしやすい、と私は感じています。

今も毎日、中川さんの玄米投稿を読みます。
中川式玄米炊飯は、常に進化しているからです。
炊き方が我流にならないように、ということでもあります。

ずっとずっと、おいしい玄米ご飯を真ん中にした人生を歩んでいきたいです。
[PR]
by shirousahs | 2010-07-07 06:52 | 玄米炊飯について

お米の品種系統を調べられるサイト

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構の「イネ・品種特性データベース検索システム」で、
お米の品種の系統が調べられます。
ガンマ線照射や、受精卵処理による突然変異など、人工的な突然変異の有無もチェックできます。
昨年プレ販売された「つや姫」は2010年7月現在、まだ登録されていませんでした。
スーパーマーケットではなく、
ちょっとこだわっているお米屋さんや、通信販売ではいろいろな品種のお米を目にしますので、
どんな成り立ちなのかを調べたいときに使っています。
私としては、あまり人工的にいじったものはどうなのかな、と考えています。
食べる、というのは異物を体の中に取り込むことなので、自然にはできえないようなものを処理するのは、身体には負担だろうと思うからです。ましてやお米は主食ですから。
でも、結局は、データや人の評判ではなくて、
自分と家族の体が「おいしい」と反応するかどうかですが。

イネ・品種特性データベース検索システム
[PR]
by shirousahs | 2010-07-04 07:21 | 玄米炊飯について

帰ってきた4,5

5月の上旬に買ったシリット社圧力鍋シラルガン4.5ですが、

1.安全バルブからの蒸気がぴたっと止まらないうちにピンがあがる

2.保温のためのカバーをはずすと急速にピンが下がる

という点が気になっていました。

中川さんに相談して、いくつかテストをし、
販売店に送って調べてもらうことになりました。

こちらから発送したのが28日金曜日の夜で、

今日、返送されてきました。

むそう塾で購入したと話したためだと思いますが、対応がとてもスムーズでした。

結果は、「圧力が上がりにくいので、良品と交換」となっており、
蓋だけ、新品になりました。

外出から帰宅すると宅配ボックスに入っていたので、
すぐに水実験しました。

今度は、安全バルブからの蒸気が止まってからピンが上がり、
火からおろして、保温のカバーをせずに放置すると、24分まで圧が持ちました。

やっぱり、最初の蓋は変だったんだなあ。
それでも、保温を工夫して、
2.5で炊くよりもおいしい、
と思うご飯が炊けていたので、
ちゃんと機能する蓋なら、どれほど!
と思うとワクワクします。

やはり、今回の教訓は、
少しでも変、と思うことがあったら、すぐに相談すること。
自分の頑張りの中に閉じこもりがちな点を見直す機会になりました。
[PR]
by shirousahs | 2010-06-02 19:46 | 玄米炊飯について

第1期 むそう塾上級パスポートの発表

マクロ美風さんのブログで、
第1期 むそう塾上級パスポート取得者が発表されています。

パスポートを取得された4名の方は、
お会いしたことがある方も、そうでない方もありますが、
みなさん、毎日玄米に向かい合ってたゆまず、ひたすらにおいしい玄米ご飯を炊く努力をされてきたのだと思います。
同じ塾生として、すばらしいご飯を炊く人たちがいる、ということはとても励まされます。
私はまだ、炊こう会に参加する機会は得ていませんが、
自分の台所で、日々、玄米炊飯に向かい合っていきます。
[PR]
by shirousahs | 2010-06-02 07:22 | 玄米炊飯について


毎日炊くご飯、真ん中にごはん


by shirousahs

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして&プロフィール紹介
玄米炊飯について
日々の玄米炊飯
玄米投稿
考えたこと
リンク
未分類

最新のトラックバック

ライフログ

検索

最新の記事

2013年2月9日の玄米炊飯
at 2013-02-09 10:18
ただおいしいごはん
at 2012-12-21 07:58
またここから
at 2012-11-29 22:09
丹波栗のご飯(白米)
at 2012-10-23 12:27
新米
at 2012-09-13 14:03

ファン

ブログジャンル

画像一覧