<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2011年3月24日の玄米炊飯 お彼岸過ぎた

2011年3月24日朝の玄米炊飯です。

d0165271_1054895.jpg


昨日、今日と、曇りから雨の天気で寒いですが、
お彼岸はすぎたなあ、と感じます。

今日はちょっと焦げ強め。
でもやわらかく炊けました。

お米をあらって、水加減する水は、普通の水道水です。
かんたんな浄水器(エミネント。もう生産終了していて、カートリッジの流通在庫が無くなったら買い換える必要があります)はつけていますが、

今、報告されているような量の放射性物質は、気にしません。

タバコも吸わないし、トランス脂肪酸は口にしない、
電子レンジは使わない。

でも、家は大きな道路のすぐ近くで、
1日中、PCとiphone使って仕事しています。

そんなもんです。
[PR]
by shirousahs | 2011-03-24 10:12 | 日々の玄米炊飯

パラダイムシフト

(はーもにあすすあいる、とどっちに書こうかな、と思ったのだけれど、
こちらのブログの最終更新が3月13日だったので、じゃあ、こっちにしようかな、
と、こちらに書くことにしました)

今日、くろうさと一緒に映画「英国王のスピーチ」を見に行きました。

映画の内容は、それはまた考えることがありましたが、

本編上映前の、いろいろな映画の予告編を見ていて、
感じたことがあります。

3月11日以前とは、見る目が変わっている。

映画のジャンルが、
コメディとか、アクションとか、恋愛ものとか、実話に基づくとか、
そういうこととは関係なく、

これは見たい、とか、
これは今はもういいや、
というのが今までと違う。

私は、怖い映画や痛そうな映画はホラー、スプラッタ、サスペンス、
問わず、とても苦手で、
(「ジュラシックパーク」は怖すぎて途中で帰りそうになった)
そういうことは変わらないのだけれど、

今までだったら、まあ、見てもいいかな、と思ったであろうものに、
ぜんぜん、興味を惹かれなくなっていたり、
意外なものを見てみたくなったりする。

数日前から、テレビや雑誌、ツイッターにも同じことを感じていて、

感動的なものとか、まじめなものだからいい、というわけではなくて、

お笑い番組でも、
スポーツ新聞でも、
ピピッと感じるものがあったりします。

たとえて言うなら、
中学生のときにすごく好きな漫画があったとします。

なかには、生涯変わらない情熱でその漫画のマニアになる、ということもありますが、
多くの場合は、
大人になるとすっかり忘れていて、「なつかしいなあ」
と感じるだけだったり、
まるで興味を持たなくなっていたりします。

それと似たことが、この数日で起こっている気がするのです。

3月11日から、
すごいスピードで、何年もたったような感じです。

私は地震の揺れを体験していないし、
家も家族も無事で、直接ショッキングな経験をしているわけではないのですが、

それでも大きな変化を感じています。

今までどんな大きな災害や事件でも、こんな感じ方をしたことはありません。

他にも、そういう人はいるのでしょうか?
[PR]
by shirousahs | 2011-03-21 14:45 | 考えたこと

2011年3月13日の玄米炊飯 無事です

2011年3月13日朝の玄米炊飯です。

d0165271_10563867.jpg


3月11日は、京都のむそう塾に行っていました。
最後の実習で魚をおろしてお造りを作って、
カレイの煮つけを習いました。

5月から始まり、1年の集大成の実習でしたが、
3時ごろから地震の知らせが入ってきて、
放課後は私も新幹線の振り替えや宿の確保の連絡に終われ、
「最後だー」という感慨に浸る余地がありませんでした。

インターネットで探した河原町の宿は、設備は古いけれど
清潔にメンテナンスされていて、
フロントの年配の男性の対応も気持ちがよく、良いところにご縁があったことを
有難く思いました。
新幹線の振り替えは、翌日も動かないかもしれないから一度払い戻ししては?
と言われたのですが、
ダメならまたくるから指定を取ります、といって翌日朝9時2分ののぞみにしました。
結果的には、翌日は普通に運行していて、
また窓口にならぶことなくすぐに帰京できたので、
よい判断だったと思います。

携帯電話はつながりませんでしたが、
夫とはスカイプで話をしました。
マンションのエレベーターが止まったことと、
ガスが自動的に止まったので再起動した他、特に被害は無かったと聞き
安心しました。
隣のマンションの母の様子は、夫が見に行ってくれました。

東京に着くと、JRはものすごく混雑していたので、丸の内線で銀座に出て、
三越や松屋で買い物をしました。

私はまったく怖い目にあっていないのですが、
帰宅して夫の顔を見たら涙が出てきました。
朝、「行ってきます」といって出て、それっきりになることもあるんだなあと
思ったら、無事で会えたことがとてもありがたかったです。

まだ余震があり、パニック発作を起こしやすい母のことが気がかりですが、
直接被災しているわけではないので、
日常生活を、普通に遅れるように
ハラを据えて、「主婦」を努めたいと思います。
[PR]
by shirousahs | 2011-03-13 11:06 | 日々の玄米炊飯

2011年3月10日の玄米炊飯 極め羽釜

2011年3月10日朝の玄米炊飯です。

d0165271_9551239.jpg


今回も、元気な水菜と一緒にお米がとどきました。
今まで同じ水加減で、大分やわらかくなった。

昨日、夫が買ってきた「日経トレンディ」にも。
象印の極め羽釜の開発ストーリーが載っていました。
以前、DIMEでも読んだけれど、浅めのナベは対流が起こりやすく
お米に均一に熱が伝わるのだそうです(もちろん、ナベの形だけでなく、
熱を逃がさない材質、火加減がとっても大事です)。
ということを、くろうさにアピールして、Tプラス3.0がほしいなあと訴えているところ。

明日は、京都のむそう塾幸せコースに行きます。
これで実習は最後です。
楽しみで楽しみで・・・名残惜しい。
[PR]
by shirousahs | 2011-03-10 09:59

2011年3月5日の玄米炊飯 新月

2011年3月5日夕方の玄米炊飯です。

d0165271_19311526.jpg


できるだけ朝か午前中に炊くようにしているのですが、
タイミングで、ひさしぶりの夕方炊きになりました。
今日の東京はとても暖かくて、
浸水時間が短くなりました。

今日は新月、
新しいことが始まる、始める日です。
[PR]
by shirousahs | 2011-03-05 19:32 | 日々の玄米炊飯


毎日炊くご飯、真ん中にごはん


by shirousahs

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして&プロフィール紹介
玄米炊飯について
日々の玄米炊飯
玄米投稿
考えたこと
リンク
未分類

最新のトラックバック

ライフログ

検索

最新の記事

2013年2月9日の玄米炊飯
at 2013-02-09 10:18
ただおいしいごはん
at 2012-12-21 07:58
またここから
at 2012-11-29 22:09
丹波栗のご飯(白米)
at 2012-10-23 12:27
新米
at 2012-09-13 14:03

ファン

ブログジャンル

画像一覧