2012年3月12日の玄米炊飯 あれから

2012年3月12日、朝の玄米炊飯です。

d0165271_12282197.jpg


風は冷たくても、日差しが明るく、春らしさを増しています。

2011年3月11日、私は京都のむそう塾にいました。
新幹線が止まって帰京できなくなったので、京都のホテルに1泊して、12日の朝、東京に帰りました。
地下鉄はほぼ普通に動いていて、銀座の三越で野菜や復習のための魚を買って帰りました。
その話を、昨日、夫としていたら、
「よくものがあったね」と言われました。
そういえば、近所のAEONは、11日の夜に、すでにすぐに食べられそうなパンやお弁当、レトルト食品、ラーメンなどはほとんどなかった、と夫が話していたことを思い出しました。
私がむそう塾に行く前に、中川さんに見ていただくためにご飯を炊いて、
それがジャーにたくさん残っていたので、
夫は夜はご飯を食べ、
翌朝コンビニに一つだけあったレトルトのカレーを買って、またご飯を食べたと聞いたのでした。

あれから、しばらく、
いつ、料理ができない状況になるかわからなかったので、
とにかく、ジャーにいつもいっぱいにご飯があるようにしていました。

つねに揺れているような気がして、知らず知らずにストレスを感じていたのか、
コーヒーを飲んだり、
生卵を食べたりしました。

でも、どんなときもご飯があれば大丈夫。
停電して保温が切れたって、まだ寒いから常温でも2日は持つさ、と思い、
おかげでパンが店から消えても、ラーメンがなくなっても、
動じずにいられました。

1年たって、東京での生活は、すっかり、普通です。
ジャーにご飯が少なくなっても、強迫観念のように、すぐ炊かなきゃとは思わなくなりました。
でも、いつ、これが当たり前じゃなくなる、ということもあり得る。

生きている限り、朝がまた来ることって、
すごいことだと思います。
[PR]
# by shirousahs | 2012-03-12 12:37 | 日々の玄米炊飯

2012年3月5日の玄米炊飯 のし餅

2012年3月5日朝の玄米炊飯です。

d0165271_17555555.jpg


お米をお願いすると、いつもなにか野菜を入れて送ってくださいます。
今回は、ほうれん草、ふきのとうと、
白いお餅が入っていました。35×40cmくらいの、のし餅です。
昨年の暮れにもいただきました。
なめらかで、適度にコシがあって、おいしいお餅なのです。

実家では、年末には和菓子屋さんにのし餅を注文していました。
大晦日にとりに行き、まだやわらかいおもちがゆがまないように、
八百屋で使うプラスチックのカゴに水平に入れて、自転車の荷台に固定してもって帰ります。
包丁につかなくなるくらい固くなってから、父が切り分けて、
大きな密閉容器に入れて北側の部屋においておくのですが、松の内が開けることには、
少しかびていました。
当時は、冷凍庫がそんなに大きくなかったので、
お餅を冷凍庫で保管する、ということは考えなかったようです。

大阪に住んでいた2年間は、丸餅を和菓子屋さんで買って、関東風に焼いて食べていました。
私が大学生くらいまでは、東京の、中小のチェーンのスーパーでも、年末にはのし餅を売っていました。
スーパーののし餅は、袋に切り目の線が印刷してありました。
[PR]
# by shirousahs | 2012-03-05 18:04 | 日々の玄米炊飯

2012年2月27日の玄米炊飯 寒は戻るが季節は進む

2012年2月27日朝の玄米炊飯です。

d0165271_14294534.jpg


さきおとといの金曜日、15度を超えて、コートが暑いくらいになり、
土曜日は寒い雨の日で、
今日はマラソン日より。
今日は風が冷たいのですが、日差しが明るいです。

気温は下がっても、もう真冬じゃないんです。
糠床の様相が、1週間前とはぜんぜん違います。

寒は戻るが、季節は進む。


元ネタ、わかる人はいます?
[PR]
# by shirousahs | 2012-02-27 14:31 | 日々の玄米炊飯

2012年2月20日の玄米炊飯 新しい世界

2012年2月20日朝の玄米炊飯です。

d0165271_1149516.jpg


こちらのブログに書いたのですが

アルパカと一緒に写真を撮る、という経験をしました。
背中に触って、ほほずりもしました。

今回のことは、いろいろな「ひき」があったのですが、
アルパカそのものに意味があるのではなくて、
直感に従って動くこととか、

自分のこんな笑顔を見ること

に意味があったのかもしれません。
[PR]
# by shirousahs | 2012-02-20 11:50 | 日々の玄米炊飯

いつも想う

d0165271_15335046.jpg


ハハコグサの花言葉が「いつも想う」だということを
朝の連続テレビ小説の、週ごとのタイトルから知りました。

2月11日で、震災から11ヶ月たちました。

愛している人と、平和に生活を送っていること。

朝「行ってらっしゃい」と分かれて、夜にはまた会えること。
「おやすみなさい」と眠りに付いたら、朝目覚めたときもそばにいること。
とてもありがたくて、幸せなことです。

少し、薄れそうになると、
どこかから、
それを気づかせることが起こったりします。

ハハコグサ。
子供のころは、道端や空き地で、たくさん見ました。
白い毛に覆われた葉や茎が、ほこりっぽくて、
あまり好きな花じゃなかったな。
今見ると、やわらかい黄色が、
穏やかな愛情、という感じで、いいな、と思います。
[PR]
# by shirousahs | 2012-02-13 15:38 | 考えたこと


毎日炊くご飯、真ん中にごはん


by shirousahs

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめまして&プロフィール紹介
玄米炊飯について
日々の玄米炊飯
玄米投稿
考えたこと
リンク
未分類

最新のトラックバック

ライフログ

検索

最新の記事

2013年2月9日の玄米炊飯
at 2013-02-09 10:18
ただおいしいごはん
at 2012-12-21 07:58
またここから
at 2012-11-29 22:09
丹波栗のご飯(白米)
at 2012-10-23 12:27
新米
at 2012-09-13 14:03

ファン

ブログジャンル

画像一覧